スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
もう一つのシアター!2
http://www.gekidango.jp/

Theatre劇団子 25th ACT 『もう一つのシアター!』@新宿・紀伊國屋ホール
(原作・脚本・監修/有川浩)

また観に行ってきた(ぉ。

実際経験者にしか判らない、続けていくことへの苦悩はあるとは思うが、それでも演劇の楽しさや演劇にかける情熱は充分に伝わってきて、正直羨ましくもなった。
そして最後に、劇団員たちが輪になって指差し発声なるものを行うのだが、みんなの呼吸を合わせ、みんなの動きをよく見るという、舞台の基本とでもいうべき練習風景が、仲間で何かを成していくということをよく表していて、涙が出る思いがした。

ところで今回重要な役を演じた大物客演の大和田伸也氏は、昨日に比べるとさすがに疲れが出て来たのか何回か噛んでしまっていたが(ぉ、やはりあの存在感は凄かった。

comments(0) | trackbacks(0)
もう一つのシアター!
http://www.gekidango.jp/

Theatre劇団子 25th ACT 『もう一つのシアター!』@新宿・紀伊國屋ホール

夢(演劇)と現実(お金)。。。
虚構(シアターフラッグ)とリアル(劇団子)。。。
自分たちがモデルとなった小説を自分たちで熱く舞台化。
演劇が好きだという気持ちが素直に溢れかえっているような素敵な舞台で、それになんと言っても素晴らしく面白かった。
劇団員のキャストたちはそれぞれ自分を重ね合わせ、自分で自分を演じているような、さぞや複雑で変な気分なのだろうと、想像するだけでも楽しい舞台だった(ぉ。

私も、ちょっと変な気分。
沢城先生のファンで、沢城先生目当てで、こうしてこの劇団を観るようになったのだから。
しかし今は、劇団子も好きである。
それに、劇団子のおかげで、沢城先生の成長をこうして見守ることができているのだから、本当に感謝である。
沢城先生が加入した最初の頃は、マイク前に立つ普段の声優業から抜け切らず、まだ舞台用の発声が出来ていなかったけれども、今ではなかなかのものになってきて、立派な舞台俳優としての道も着実に歩んでいることを感じさせる。

ところで沢城先生とは、いわずもがな声優の沢城みゆきさんのことである。
まだ25歳ではあるが、既にベテランのような実力と雰囲気を持ち、私はいつも尊敬の念を込めてこう呼んでいる。

そして今回の舞台では、その沢城先生の弟さんである沢城千春くんも参加。
爽やかなイケメンくんで、瑞々しい演技を見せてくれた。
comments(0) | trackbacks(0)
ライトノベルの楽しい書き方

映画「ライトノベルの楽しい書き方」を観た。

出演は、須藤茉麻(Berryz工房)、竹達彩奈、能登有沙、五十嵐令子、國府田マリ子、他。

青春ラブコメ。なかなか面白かった。

そして、あやにゃんかわいいよあやにゃんぺろぺろ(ぉ。

(マリ姉を除き)一人だけアニメ声で浮いてた気がしなくもないのだがそこがいい(ぉ。

comments(0) | trackbacks(0)
ゲゲゲの女房
http://www.gegege-eiga.com/

映画「ゲゲゲの女房」を観てきた。

テレビのは観てないけど。

でもあっちは美男美女すぎる(ぉ。

こっちはクドカンとフッキー。

フッキー大好き(ぉ。

劇中では暗い表情が多くて残念だったけど。

愛嬌がある。可愛い。

で、映画の出来はというと、

特にドラマチックな展開になるわけではなく、

淡々とした印象というか、

抑制のきいた感じで、

それでもときどきおかしな演出もあって(ぉ、

不思議な味わいの映画だった。
comments(0) | trackbacks(0)
乱暴と待機とマリア様がみてる
映画を2本観て来た。

「乱暴と待機」

原作が本谷有希子だから、もっと病的な鬱展開を覚悟してたんだけど、そんなに酷くもなくてほっとした(ぉ。

狂ってて、おかしくて、トラウマちっくで、変態な人間ども(ぉ。

役者陣(浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之)の芝居が面白かった(ぉ。

「マリア様がみてる」

意外と良かった。全然期待してなかったからね(ぉ。

きちんとこの作品の「品」が守られてて、変に過剰になってないのがよい。

福沢祐巳が山百合会のロサ・キネンシス・アン・ブゥトンの小笠原祥子からロザリオを受け取り、ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン・プティ・スールになるまでを描いている。

福沢祐巳役の未来穂香がイメージどおりで超ハマリ役だった。可愛い。


comments(0) | trackbacks(0)
おにいちゃんのハナビ
http://hanabi-ani.jp/

映画「おにいちゃんのハナビ」を観た。

主演は高良健吾と谷村美月。

妹の病気療養のため田舎に引っ越し、何もかも犠牲になっていると感じて、家庭の中で自分の殻に閉じこもり、田舎にも馴染めず、学校で友達も出来ないまま、自分に自信が無くなり、ひきこもりとなってしまった弱い兄を、白血病だが明るく強い兄想いの可愛い妹が変えたというお話し。

いい映画だった。

谷村美月の瑞々しくて清々しい自然体の演技は相変わらず凄くて流石だったし。
繊細で本当は優しい兄を演じた高良健吾のへたれっぷりもよかった(ぉ。

ラスト。死んだ妹のために上げる花火のシーンは、胸が打ち震え、涙が止まらなかった。。。
これだけ人の想いのこもった花火は観たことがないというくらい素晴らしかった。
花火の持つ一瞬の儚さが、この切ない物語と重なり、特別な花火に見えたのだ。

心を打つ花火の音と光。上を向いて涙を流す。。。
comments(0) | trackbacks(0)
雷桜
http://raiou.jp/

映画「雷桜」を観に行って来た。

蒼井優最高!
comments(0) | trackbacks(0)
恋愛戯曲
http://koiochi-movie.jp/

映画「恋愛戯曲」を観た。

深田恭子主演。

いやぁ、深キョンは何をしても深キョンだなぁ(ぉ。

素晴らしい。

深キョンによる深キョンのための深キョンのドラマだった(ぉ。

ところで、この映画、キングレコードが絡んでるせいか、テレビ局のシーンで、田村ゆかりのライブ映像が流れてた(ぉ。

そして上映後、銀座YAMAHAビルの地下にあるスタジオで「"schola 坂本龍一 音楽の学校"の世界」というイベントというか映像上映会と写真パネル展に寄った。

スタンプラリーもやって、ポストカードを貰った。
comments(0) | trackbacks(0)
しょこたんデー
映画「恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない」を観た。

中川翔子、初主演映画。

もの静かで芯のある女の子の役。しょこたんも自分で言っているとおり、しょこたん自身に内面が近くて、しょこたんのハマリ役となっていた。

そして上映後に、かなりたっぷりめの楽しい舞台挨拶があり、しょこたんが色々と面白かった(笑)。

バッカルコーン!

IMG_0344.jpg


それから、映画「七瀬ふたたび」も観た。

本編の前の10分間はプロローグとなっていて、その監督が中川翔子。初監督である。
comments(0) | trackbacks(0)
君に届け
http://www.kiminitodoke-movie.com/

映画「君に届け」を観た。

アニメを既に観てるので、アニメどおりといった印象。なんか変な感じ(ぉ。

でも、多部未華子好きなので、よかった(ぉ。爽子、なかなかのハマリ役かと。

IMG_0382.jpg
comments(0) | trackbacks(0)
<<  2/7  >>

Calendar

<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archive

Entry

Category

Search

Comment

Link

Twitter

Mobile

qrcode

Feed

Profile

Other

Sponsored Link